1泊入院で翌日に無事退院しました。

さて、入院翌日の寝不足の朝ですが
ベッドでボヤンとしてたら男性のスタッフの方がお茶を入れに来てくれた。

アニヲタか!!
って感じのエヴァの湯飲みにたっぷり熱いお茶を注いでくれました。
1485670627287_convert_20170129151837.jpg
特に何も湯飲みの柄については 突っ込まれなかったな~(笑)
知らない人には文字の書いてある湯飲みくらいにしか思わないか~(笑)


そして、待ってました!!
朝ごはんです\(^o^)/
1485601599567_convert_20170128201330.jpg
ん~まぁ~こんなもんでしょうね。
内分泌科(糖尿とかの人のいるトコ)の食事なんだろうな~
特に薄味だとは感じなかったが私が基本的に薄味だからなんだろうか?
隣のベッドの人は味が薄いとか言うてたし。。

夜もだったが朝にも豆乳が付いた♪ 今時は牛乳じゃないのね(笑)
私の好きな麦芽豆乳でした(´ω`人) 
空いた食器を下げに行ったら他の人は豆乳じゃない人もいたので
個人個人でメニューが違うのかな~? 


食事も終わって身の回りの事してたら朝の検温や血圧測定に看護師さんが
来られて、
その後にも主治医の先生も様子見に来られて
今回の検査の結果を2週間後に外来で聞きに来てくださいと。
何も問題もないようなので退院となります。と言われました♪

先にお会計を済ませて(この日に払ったのは食事代や寝巻代)
入院費は後日精算になります。 明細見たけど なかなか(*゚Q゚*)
コレ、保険出るのかな~?
今年は医療費がかさみそう~来年は確定申告せねばかな?

支払明細持って担当の看護師さんに伝えると
次の診察の予約券などをくれ、そのまま見送られて退院となりました。


この日、無事に月のものも本格的に始まりました(笑)
遅れてくれてアリガトウ(*ノ∪`*)
後は後日の外来で結果を聞いて今後どうするかって事ですね。
血圧は今のトコ、アムロジピンで安定してるしな~
ってのもありますが、どうなんでしょ?


夜、恐る恐る幹部のテープを外してみた。(シャワー浴の為)
あ、どこにあるか分かんないじゃん((´・ω・`;)) ってくらい♪

とりあえず、ま、無事に1泊入院検査は終わりました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

1泊入院で副腎静脈サンプリング検査

1月27日、いよいよ入院の日ですキャ(/ω\*))((*/ωヽ)ァァ


最近では月のものがだんだん早く来るようになり(更年期だからか?)
この日にドンピシャな予定…(´;ω;`) 
嫌だな…なんて思ってたら来なかった♪(これはこれでラッキー)


1泊入院なので自分で運転して行って家族は誰も来ないです。
旦那は夜勤だしわざわざ休みとるでも無いな~って思って。。
なので息子は1人でお留守番です。(高校生だし心配はなかったんですが風邪ひきだったから少しだけ心配)


指定の時間(朝の9時前)に病院に入り手続きしたら病室に案内されました。
そこから少し流れ等の説明を受け、午後から検査が始まるとの事で
身長・体重・体温・血圧計ったくらいで後は自由な感じですが、お昼は絶食。。
血圧はお約束通り、緊張してたのもあって少しお高めの140代(笑)

足の静脈? の触れる位置を看護師さんが確認し、×印が付けられました。
1485601525418_convert_20170128201215.jpg
 

暇な時間にテレビカードを買ったりお茶や水を買って冷蔵庫に準備。
13時くらいまでは水分は摂っても良いとの事だったし。

4人部屋だけど1人分のスペースはそれなりにあって
なかなか快適に過ごせそうです♪ 1床空いてましたし。
平日の昼間にゴロゴロしてテレビ見るなんて滅多に無いのでチョット至福の時間♪

午前中はベッドの上でゴロゴロテレビ見たりして過ごしました。
と言っても2時間くらい? 
皆がお昼食べてる時も私はなしなので。。チョット切ない(。´・(ェ)・)


さて、副腎静脈サンプリング検査というものすごい名前の検査を受けるにあたり、
そうです。下の○を剃らねばなりません。。
昔は看護師さんがやってくれてたようですが、今は電気シェーバーを渡され
自分で剃るんですね~(;゜0゜)
ここらへんですよ~ってのを聞いて剃って、後から看護師さんがチェックしてくれる。
なんだか こっ恥ずかしいですね( /ω)


13時過ぎくらいから手術着に着替え、ここでも血圧・体温測定。
術着はこんな感じでマジックテープで着脱式。早着替えも出来るね(笑)
1485601515617_convert_20170128201236.jpg
でも薄くて隙間だらけだし寒いのよね~(´・_・`)
左横の小さいのは紙のパンツ。ヒモパンって感じだったよ~

左腕に点滴を入れられる。
が、看護師さん失敗Σ(ω |||) 選手交代するも、また失敗((((;´・ω・`)))
3回目にしてようやく入った。。 痛いではないかっ!!
1485601535027_convert_20170128201251.jpg
術後の点滴~改めて見ると痛々しいなぁ~( ノД`)

その後、尿のバルーンも入れられてスタンバイ完了。
もはや管だらけで下の階の造営室まではさすがに歩けないので車いす移動でした。

いよいよです。


CTとか撮る造影室。中に入るとたくさんのスタッフさん。
名前と生年月日を言うて狭い手術台に移動。
サンプリングをしてくださるドクターもドラマとかで見るあのスタイルでスタンバイ。

モニターがたくさんあって、心拍数の音がピッピ言うのが聞こえる。
血圧や酸素量なんかも表示されてたみたいだが私の位置からは機械で見えなかったり。

麻酔は局所麻酔。歯医者さんとかで使うやつだそう。
麻酔の針がチクッとするけど大した事はないかな~
「痛かったら言うてくださいね~量を足しますので。」
「い、痛いです…。」 で、量が足され、始まりました。

血管の中を通ってる感覚は全くない訳じゃないけど
そんなに気になる程ではないかな~?
でも心臓の近くとか来ると違和感と言うかモゾモゾ感があって気分の良いものでは。。

順調に進んでいくんだけど、先生たちの会話とか「あ?」とか言うのが
丸聞こえなのでたまに気になったり(笑)
息を浅くしてくださいとか息吸って~止めて~とかが何度か。

私の横たわってる上を機材がぐるぐる回転して風も出るし手術用の布みたいの
掛けられてるけど寒い。。 足も手も冷たいよ~(´;ω;`)
たまに先生の手が触れてる時に温かい~って思ったり。。

一通り血液を採取し負荷をかけてまた採取。
何だかんだ2時間以上かかってようやく終わりました。
終わってすぐに執刀したドクターが止血で幹部を押さえて説明をしてくださいます。
左の副腎からはバッチリ取れたが右はおそらく副腎だろうと言うところからしか
採取出来なかったとの事。
なんだか曖昧だけど私なりに調べたのも右は臓器の構造上難しいとあった。

何分か押さえててその後、テープ等でグルグルに固定された。
術後、4時間安静だそうで…。
サンプリングが始まったのが2時頃で終わったのが4時半として安静解除が8時半。

え~!!  ば、晩ご飯は?(そこかよ(笑))
昼も絶食で腹減ってるのでネ。
通常の食事ではないらしいが検査等で時間外の食事の準備があるそう♪

さて、造営室からはストレッチャーで運ばれます。
ドラマとかで見る、「1・2・3」でシーツとか引っ張って皆で移す作業。
間近で見れましたわ(笑)
病室のベッドに移す時も同じです。

絶対に足(カテーテル刺した方)は曲げないでください。動かさないで。
との事なので じっと寝た状態。
点滴や尿の管もブラブラ付いててまるで病人だな~って感じ。

手は動かせたけど左手は点滴刺さってるので あまり自由はきかず。。
時間おきに看護師さんが体温・酸素量・血圧を定期的に計りに来て
様子を見に来てくれます。
血圧は来たときは140代~あったけど病院に慣れてきて計るたびに下がった(笑)
夜には110~70くらいでした(笑)


安静解除は8時との事で少しだけ短くなったみたい。
それでもじっと動けないのは時間が経つのが遅い遅い(ノ_<)

足があまりにも冷たいので看護師さんがカイロみたいの入れてくれて
すごく温かくなって来た。
造影剤入れてるから水分も摂りたかったんだけど動けないので無理。。
寝たまま飲めるお茶を給仕の人が置いてったが
手が届かないトコに置いてったしで飲めなかった。。

そのうち、何だか体が熱くなってきて
チョットムカムカして来た。。 あ、これマズイカモ…。 気持ち悪い…Σ(´Д`lll)!!
と、ナースコールして看護師さん来てくれて一瞬やばいかなと思ったが治まった。
そこでお茶を飲ませてもらって少し落ち着いた。 良かった良かった♪

すると、今度は強烈に腰が痛くなって来た。
更に下腹部も。。
あれ? この痛みは…来るはずだった月のものの痛みか?

って事でまた看護師さん呼んで鎮痛剤もらって飲み、しばらくすると緩和。
そうこうしてたら安静解除になり、点滴・尿の管が次々と外され、寒い術着も脱いで
体を拭いてもらって寝巻に着替え、いざ歩行。
少しフラっとはしたが ちゃんと歩けるので問題なしでした。

お手洗いにも行ってはみたが何も出なかった~
そして、ようやく待ちに待った夕食です\(^o^)/
1485601545644_convert_20170128201306.jpg
カレーと肉じゃが、ご飯に何故かゆかり(ふりかけ)
と豆乳でした。 まぁ~時間外の食事なので仕方ないかもね~
それでも温かかったし腹ペコでしたので美味しく完食しました♪

歯磨きして水分も摂りつつ傷口にさわるし夜だしウロウロもせず安静かな。
10時には消灯時間で電気も消え
ウトウトした頃に(11時)最後の検温・血圧測定に看護師さん。
パパッと済ませてくれました。
血圧は102くらいだった。


普段、部屋を真っ暗にして寝るので廊下とかの明かりが目に入るので
タオルを載せて。
それでも時々 廊下で人の気配がしたりで眠りが浅い感じ。
夜中に目が覚めたら同室の人のすさまじいイビキが煩くて参った(つω-`。)

鎮痛剤も切れて腰も痛くなって来たしイビキ煩いしで
熟睡出来てない感じ。。
明け方には寝てましたけど6時半頃から検温とか始まるので
なんだか寝不足ぎみ~~~
ま、退院出来るから良いんだけどね。
他の入院患者さんは朝食の後にまた寝たりしてるみたい。


入院の日程決まる

1月5日、午後予約で外来へ

午後にもやってるんだ~と初めて知った。
まさか午前からの流れ? って事はないわよね~^^;
予約の時間が15時とかだったから午後にもあるんだな~きっと。

この日は診察室で先生と少しお話をして1泊入院の日程が決まりましたよ~
って内容だけだったかな~?
何度も足を運ばせてしまって申し訳ないですとおしゃってくださいました^^

後は入院の説明とかそんなのでした。
書くことがあれこれあって面倒ですが「手術になるともっとあるんですよ~」
と看護師さんが言うてましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


って事で、今度1泊入院して副腎静脈サンプリング検査を行う予定です。
足の付け根からカテーテル入れて副腎から直接血液を採取すると言うもの。
ちょっと怖いな~キンチョーΣ(´Д`*)

病院からもらった説明
P1230001_convert_20170130221424.jpg

カプトプリル負荷試験を終えて、結果

カプトプリル負荷試験を終えて、結果が出るまで1週間。

12月22日、結果を聞きに外来を訪れました。

診察室に入ると、担当の先生が
「先日の検査の結果ですが、レニンが全く上がってないんですよ~」
「ホントならこれが上がって来るはずなんですけどね~」 と。

「寒くなって来ましたが血圧はどうですか?」と聞かれ、血圧手帳を提示。
私:「血圧はすばらしく安定してるんです」
先生「血圧が高いようなら次のステップは必ず進まなくてはならないんですが」
「後、CTの画像でもわかりにくいですが少し副腎が腫れてるように見えるんですが」
「次のステップへ進みますか?」的な事を言われました。

私:「ここまで検査してて血圧は安定してるけども せっかくなので調べます」
血圧は安定はしてるけど薬飲んでるには変わりないので。。

先生「わかりました。ではどんな検査をするかの説明と同意書にサインを」

って事で、次のステップへ進むことに。


なんと、
副腎に静脈からカテーテルを挿入して直接血液を採取して
どちらの副腎からアルドステロンが過剰に出ているのかを調べる検査です。


これは外来では出来ないようで、入院が必要だそうです。
調べたり読んだ本とかには2泊3日とありましたが、ここでは1泊2日で行うそう。

入院かぁ~
お産の時に入院したくらいだしね~
あ、上の子の時に切迫流産で1週間くらい?入院してた事もあったっけなぁ~


ちなみに、検査結果の数値ですが
30分安静後:アルドステロン205 レニン0.5
カプトプリル服用60分後:アルドステロン136 レニン0.5
カプトプリル服用90分後:アルドステロン100 レニン0.4   でした。

いずれも割合が過剰ではないものの、200を超えてます。


疑問に思い、私なりに調べてみました。
通常の降圧薬で血圧が安定している場合でもアルドステロン症はきちんと調べた方が良いのか。

結果はYes。 だそう。。
通常の高血圧よりも、動脈硬化や血管障害、腎臓病などになる割合が高いのだそう。。
じゃ~やっぱり調べてきちんとしておいた方がイイナ。
って言うのが私の考えです。


カテーテルをやるにあたって、造影CTもとる事に。
この日の帰りにCT室へ行き、1時間くらい? 待ち時間を経て撮影。
普通のCTとる感じなんだけど、違うところは腕の血管に針を刺し
そこから造影剤を入れて撮影するというもの。

これは初めてでしたが
説明された通り、造影剤が入った時に少し薬品のにおいがして
体がカッーーーと熱くなりじんわりと広がってくのが分かりました。 
下の方は おもらしでもしたのかと言う感覚?(笑)
すぐにおさまりましたけどね~(*´v`)

それが終わったらこの日の検査は終わり。
入院の日程はこの時には決まらなかったので後日 入院説明も聞きがてら
また来る事になりました。
数時間後に病院から電話があり、1月5日にまた外来で行くことになりました。

カプトプリル負荷試験

自分の覚書として記録を残しておこうと書いてます♪(o・ω・)ノ))
興味をそそらない内容だと思うののでスルーしてくださいネ。
と言っても いつも大したことは書いてないんですけどネーそれは言わないで(ノω`*)ノ
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


12月15日、この日は外来棟にて検査です。

カプトプリル負荷試験というのをやります。


前の日の夜9時以降は食べたり飲んだりしないでくださいとの事。

当然、朝ごはん抜きです(つω-`。)(これが何気にツライわ~)

朝にも水とかお茶も飲まないで下さいと書かれてました。
(他で調べたら水は飲んで良いとありましたがこの病院ではダメでした)

それ以外は患者にとっては楽な検査でベッドに寝てるだけ~(*ノ∪`*)


最初にお手洗いを済ませ、ベッドで30分安静に。

その後、寝たまま採血&血圧測定。病院で緊張したのか少し血圧が高く出ます(笑)

看護師さんが3回くらい測り直しました(*´~`*)(スミマセン緊張し~なので…)


その後にカプトプリルという薬を飲みます。

そこからまた横になり安静のまま60分後に採血&血圧測定。

更にそこから30分後にまた採血。

たっくさん血を抜かれました~~((´・ω・`;))


まとめると、30分安静の後に採血カプトプリルを飲み60分後と90分後に採血

カプトプリルというのは血圧のお薬みたいです。その薬を飲んでホルモン値が

どう変化していくのかを調べる検査です。

普通の人(正常な人)カプトリルを飲むとはレニンが上がるのだそう。

レニンを活性化させる薬だかららしい。

中にはこの薬で血圧が下がりすぎたり気分が悪くなる人も若干あるようですが
先生から特に大きな問題はないとの説明でした。
実際、私は全くなんともなかったです♪ 血圧すら そんな下がらんかったし。。

結果は1週間かかるので次回は1週間後です。
この日は検査後は診察も無く帰宅しました。



この記事を読んでしまった人で、ピンと来る方ってのは いるかな?
この負荷試験をやると言うことは、私の「疑い」の病の正体。

聞きなれない名前です。 私も知りませんでしたから。。
アルドステロン症という病名らしいです。
アルドステロン? なんだか恐竜みたいな名前だなぁ~ってのが私の印象(笑)

副腎から出るホルモン(アルドステロン)が過剰に出る病で、そのために高血圧や
低カリウム血症になったりするのだとか。。 
幸い私には今の所、低カリウムは出ていないですが。

予防のためにバナナを毎日1本食べてます(笑)
プロフィール

たれぼうこ

Author:たれぼうこ
食べ歩き・名前は知らないけど花を見て回るのも好きな主婦です。
+自他ともに認めるパンダ好き(*^^)v

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる